平田村商工会 橋本真

入会日 2007年 平成19年4月
勤務先 平田村商工会
役職 主査(経営指導員)
氏名 橋本 真

1.どうして商工会に入会したのですか?

商工会に入るまでは、営業の仕事をしていました。生まれ育った地元に何か貢献できるような仕事をしたいと漠然と考えていた時に、知り合いから商工会の存在を教えてもらい試験を受けてみることにしました。

2.日々どのような業務をしていますか?

小売業や建設業、製造業などを経営されているお客様が、事業を行う中で出てくる経営課題に対して、アドバイスをさせて頂いています。「従業員の採用」「新商品の開発」「決算書や確定申告書の作成支援」など内容は多岐にわたります。震災以降は、原発事故の賠償請求方法などについても相談に対応しています。
また、地域経済振興事業として町内で行われる夏祭りや花火大会の企画運営なども行っています。

3.商工会職員に求められる能力は何ですか?

職員の数が少ない商工会が多いので、自分の仕事を自己管理できる能力が必要だと思います。また、幅広い業種、年代のお客様がおりますので、コミュニケーション能力もとても重要だと思います。
最低限の知識として簿記の知識も必要になります。実務の中で学ぶ機会もありますで、それほど心配しなくても大丈夫だと思います。

4.商工会業務の魅力は何ですか?

私達が行うアドバイスによって、経営課題が解決したり、売上のアップに繋がった時、お客様に喜んで頂けると、本当にこの仕事してて良かったなという充実感があります。
震災からの復興や地域の活性化に携われる仕事もあり、非常にやりがいを感じています。夏祭りや花火大会などは、商工会員さんと一緒になり準備に何ヶ月も掛けて行いますので、イベントが成功したときの達成感は何物にも代えがたいものがあります。

5.仕事に対するスタンス

どうしたら効率良く仕事ができるか。どうしたら今よりいい事業ができるか。など日々考え改善を図るようにしています。また、職員同士のチームワークも大切ですので、情報を共有し担当職員が不在でも対応できるように心がけています。私自身まだまだ経験不足ですので、先輩の職員によく相談するようにしています。

6.1日の業務の流れ

06:00 起床
08:15 出勤、会館内清掃
08:30 業務開始
メール、県商工会連合会の掲示板をチェック
09:00 会議資料作成、準備
10:00 窓口で税務・経営相談への対応
12:00 昼食
13:00 融資相談企業への巡回対応
イベントの出店3企業へ巡回説明
15:00 会議の案内作成
17:00 会議会場の準備、会議資料準備
18:00 商工会理事会の運営
19:30 会議終了、残務整理
20:00 退勤
21:00 帰宅
23:00 就寝